知識ゼロからでも始められる、スノーボードデビューを目指す方向け応援サイト

>

いざゲレンデへ!

止まれるという自信を身につける!

不慣れなうちはボードの制御が出来なくなって「他の人にぶつかったらどうしよう」、「コース外に出てしまわないか」などの不安は付き物。
その不安は上達への一番の妨げとなってしまいます。
いくら滑ってもその不安が無くならない限りはある程度成長出来てもそれ以降はなかなか上達しないのではないでしょうか。
まずその不安を無くす為に「止まれる」という自信を持てる練習から始めたいですね。

具体的には自分でも速度を制御出来るであろう緩い角度の斜面で練習することです。
ボードをまっすぐにし、滑り出したらボードを横にして速度を抑えます。
止まったら再びまっすぐにし、また滑り出したら横にして止まる。
こうして少しずつ止まれるという自信をつけていきましょう。

止まれなくてもコケればOK!?

初心者のうちは転倒することも危険だと思われがちですが上手い転び方であれば、止まれずパニックになってしまうよりかえって安全です。
危険を感じたら即座に転んでしまいましょう。

後ろに(背中側に)転ぶ際はまずしゃがみます。
そのままへそを見るようにして後頭部を守り、ごろんと後方に倒れます。
但し骨折等の怪我の恐れがあるので手は地面につかない、引っかかり防止の為に膝は軽く曲げてボードを宙に持ち上げます。

前に(お腹側に)転ぶ際もまずしゃがみます。
そして前方に少し飛ぶように倒れ込みますがこの時、怪我につながるので手と膝はついてはいけません。
こちらも引っかかり防止の為、膝を曲げてボードを宙に持ち上げますが上げすぎると頭にぶつかってしまうので注意が必要です。


このコラムをシェアする